「そして、バトンは渡された」無料動画配信サイト・見逃し配信サービスまとめ(YouTube、dailymotion等)。

 

TVerで検索する

YouTubeで検索する

dailymotion(デイリーモーション)で検索する

※一部無料動画サイトなどでは、放送中の番組は「1話のみ」「最新話のみ」など期間限定でコンテンツ配信されている場合があります。それ以外のfull全話配信は期間限定キャンペーン時のみくらいしか視聴できません。

※YouTubeなどでは、公式でなく違法アップロードされた動画の場合があります。このような違法動画は視聴しないようにしてください(いずれ削除されるものと思われます)。

※海外の違法アップロードサイトなどはウイルス感染・個人情報漏洩などの危険がありますので掲載していません。

 

海外違法アップロードサイト、YouTube・Dailymotionなどの無料動画投稿サイトは危険なので注意してください!

注意!危険!

動画共有サービス/動画投稿サイトは許可なく違法アップロードされているものもあります。違法アップロードを行った場合、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金が刑罰として課される場合があります

海外の無料動画公開ブログ/サイトはウイルス感染/個人情報流出の危険性があります。リンクを貼っているブログ/サイトなどありますがクリックしない方が良いです。

ウイルス感染するとPCやスマホがクラッシュしたり、思い出のデジカメ画像や重要なファイルが破壊され復元不可能となってしまうことがあります。また個人情報が流出・悪用されたり、違法請求を受ける可能性もあります。あなたが違法サイトを見ていたことが家族や会社にバレてしまうかもしれません。

 

「そして、バトンは渡された」を安全に見れる「U-NEXT

動画配信サービスは【無料期間】があるので実は1円もかけずに全話フル動画を見ることもできます。知ってた?。もう怪しいサイトでリスクを負って視聴する必要はないのです。

「U-NEXT」で「そして、バトンは渡された」を視聴する

 

安全安心な公式の動画配信サービス(見放題オンデマンドサービス)で「そして、バトンは渡された」を視聴するには?お試し無料トライアルできる!

無料動画サイトで「そして、バトンは渡された」見れなかった?それなら、安全な公式動画配信サービスで視聴しよう!

ドラマ・アニメ・映画は正規の方法で視聴するのがオススメです。上述したとおり無料サイトはトラブルが付き物です。そこでオススメなのが月額定額で利用できる見放題動画配信サービスです。

「でも、有料なんでしょ?」って思ってません?。実はほとんどの動画配信サービスは無料お試しトライアルキャンペーンをやってます。期間過ぎると自動更新されて課金されますが、継続しない場合は無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません

公式サイト 「そして、バトンは渡された」の配信 月額料金 無料期間
Hulu ○配信あり 1026円(税込) 14日間
U-NEXT ○配信あり 2189円(税込) 31日間
DMM TV × 550円(税込) 30日間
FODプレミアム ○配信あり 976円(税込) 2週間
【2024/02/06】時点の情報です。配信状況は変わっている可能性もありますし、見放題が終了している場合もあります。最新情報は各社動画サービスの公式サイトをご確認ください。有料動画配信サービスは全ての作品が見放題とは限りませんのでご注意ください。無料期間があるのは初回利用者のみなので注意ください。また、無料期間中に取得可能なポイントで、有料作品を楽しむことができる場合もありますので、詳細は公式サイトを確認ください。

 

「そして、バトンは渡された」を視聴するなら「U-NEXT

月額2189円(税込)と高めですが、運営歴の長い老舗動画配信サービスでコンテンツの質と数はダントツ。動画だけでなく雑誌の扱いもあります。ただし、レンタル作品(見放題では見られず追加料金が必要となる作品)もあるので、全作品が定額見放題ではありません。

※本ページの情報は2024/02/06時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

「U-NEXT」で「そして、バトンは渡された」を視聴する

 

「そして、バトンは渡された」のネタバレレビューと関連作品一覧。

映画「そして、バトンは渡された」は、卓越した技術力と緻密な構成で描かれた、人間とAIの関係や人間と社会の問題を掘り下げた力強い作品です。物語の舞台は、近未来の日本。AIが多くの職業を占め、人々の生活を豊かにしていますが、AIと人間の関係には不満や矛盾も存在しています。そこに、天才AI開発者・早坂が開発したAI「アンドロイド・ウジエ」が登場します。ウジエは、感情や判断力を持ち、人間と同じように社会生活を送ることができますが、ある事件をきっかけに、彼女が置かれた立場や人間社会のあり方に疑問を持つことになります。映像面では、CGを駆使した迫力あるアクションシーンや、ウジエが感情を表現するシーンなど、AIの表現にこだわった演出が光ります。また、ストーリー面でも、ウジエと人間のやりとり、人間同士の葛藤や対立が緻密に描かれ、AIの存在や人間の価値観について考えさせられます。さらに、主演の倉科カナさんがウジエの声を担当しており、彼女の表現力により、ウジエの感情表現が非常にリアルに描かれています。そして、物語の核心部分では、AIと人間の対立から、より大きな問題について考えさせられるシーンが続き、見終わった後に「なるほど…」と納得することができます。結論として、映画「そして、バトンは渡された」は、AI開発に対する現代社会の価値観や問題を深く掘り下げた、見応えのある作品です。AIに興味がある方や、人間とAIの共存について考えたい方には特におすすめです。

 

「そして、バトンは渡された」の関連作品の動画についてもまとめています。