「ワンダーウーマン 1984」無料動画配信サイト・見逃し配信サービスまとめ(YouTube、dailymotion等)。

 

TVerで検索する

YouTubeで検索する

dailymotion(デイリーモーション)で検索する

※一部無料動画サイトなどでは、放送中の番組は「1話のみ」「最新話のみ」など期間限定でコンテンツ配信されている場合があります。それ以外のfull全話配信は期間限定キャンペーン時のみくらいしか視聴できません。

※YouTubeなどでは、公式でなく違法アップロードされた動画の場合があります。このような違法動画は視聴しないようにしてください(いずれ削除されるものと思われます)。

※海外の違法アップロードサイトなどはウイルス感染・個人情報漏洩などの危険がありますので掲載していません。

 

海外違法アップロードサイト、YouTube・Dailymotionなどの無料動画投稿サイトは危険なので注意してください!

注意!危険!

動画共有サービス/動画投稿サイトは許可なく違法アップロードされているものもあります。違法アップロードを行った場合、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金が刑罰として課される場合があります

海外の無料動画公開ブログ/サイトはウイルス感染/個人情報流出の危険性があります。リンクを貼っているブログ/サイトなどありますがクリックしない方が良いです。

ウイルス感染するとPCやスマホがクラッシュしたり、思い出のデジカメ画像や重要なファイルが破壊され復元不可能となってしまうことがあります。また個人情報が流出・悪用されたり、違法請求を受ける可能性もあります。あなたが違法サイトを見ていたことが家族や会社にバレてしまうかもしれません。

 

「ワンダーウーマン 1984」を安全に見れる「Amazonプライム

動画配信サービスは【無料期間】があるので実は1円もかけずに全話フル動画を見ることもできます。知ってた?。もう怪しいサイトでリスクを負って視聴する必要はないのです。

「Amazonプライム」で「ワンダーウーマン 1984」を視聴する

 

安全安心な公式の動画配信サービス(見放題オンデマンドサービス)で「ワンダーウーマン 1984」を視聴するには?お試し無料トライアルできる!

無料動画サイトで「ワンダーウーマン 1984」見れなかった?それなら、安全な公式動画配信サービスで視聴しよう!

ドラマ・アニメ・映画は正規の方法で視聴するのがオススメです。上述したとおり無料サイトはトラブルが付き物です。そこでオススメなのが月額定額で利用できる見放題動画配信サービスです。

「でも、有料なんでしょ?」って思ってません?。実はほとんどの動画配信サービスは無料お試しトライアルキャンペーンをやってます。期間過ぎると自動更新されて課金されますが、継続しない場合は無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません

公式サイト 「ワンダーウーマン 1984」の配信 月額料金 無料期間
Lemino × 990円(税込) 初回初月
FODプレミアム × 976円(税込) 2週間
Amazonプライム ◎配信あり(★オススメ) 500円(税込) 30日間
Hulu × 1026円(税込) 14日間
U-NEXT △配信あり(有料) 2189円(税込) 31日間

※配信しているところはあるが、基本的に見放題の対象外。追加ポイント購入が必要。

【2023/7/10】時点の情報です。配信状況は変わっている可能性もありますし、見放題が終了している場合もあります。最新情報は各社動画サービスの公式サイトをご確認ください。有料動画配信サービスは全ての作品が見放題とは限りませんのでご注意ください。無料期間があるのは初回利用者のみなので注意ください。また、無料期間中に取得可能なポイントで、有料作品を楽しむことができる場合もありますので、詳細は公式サイトを確認ください。

 

「ワンダーウーマン 1984」を視聴するなら「Amazonプライム

月額500円(税込)と安いが、配信動画数はかなり少ない。ただし、Prime Video動画見放題、Prime Reading、Amazon Music Prime200万曲の音楽聞き放題、お急ぎ便の利用など特典多数なので、Amazon使うなら加入しておくのがオススメ。

※本ページの情報は2023/7/10時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

「Amazonプライム」で「ワンダーウーマン 1984」を視聴する

 

「ワンダーウーマン 1984」のネタバレレビューと関連作品一覧。

「ワンダーウーマン 1984」は、昔のファッションや音楽が懐かしい80年代を舞台に、神話的な要素を含んだエンターテイメント作品となっています。主人公のダイアナ役を務めるガル・ガドットは、前作同様に見事なアクションシーンを魅せつけ、また心温まる演技も見せます。キリストン・ウィグ演じる新キャラクター、バーバラもダイアナとの友情や、恋愛における強い欲望など様々な心理描写が描かれ素晴らしい存在感を放っています。そして、悪役マックスウェル・ロード役のペドロ・パスカル。彼の人間臭さと複雑な心理描写(人生の難航から目的を確立し、夢を追うも失敗を繰り返し、心身共に追い詰められ焦燥感に苛まれるといったシーンが濃厚に描かれている)には、何度も会いたくなる魅力がありました。物語はダイアナが手に入れた願いの宝石を巡り、世界が壊滅に向かっていく中で、彼女らが改めて人類を信じる感情を抱く、という重要なメッセージが込められています。全編通して見せる色使いや美術デザイン、挿入歌なども素晴らしく、80年代を感じられる作品となっています。ファンの期待に応える、疾走感あふれるアクションシーンや感情移入できるキャラクター、そして大胆なストーリー展開。どれをとっても、まさに魅力的なエンターテイメント作品。特に何も期待していなかった方も、ぜひ観て欲しい作品です。

 

「ワンダーウーマン 1984」の関連作品の動画についてもまとめています。